大学受験に打ち克つ予備校での取り組みについて

大学受験は見事に失敗

大学受験は見事に失敗予備校に通いました

現役の時に、果敢に挑戦した大学受験は、見事に失敗に終わりました。
いよいよ、先の見えない浪人生活が始まることになります。
とはいえ、果たして大学へ進学する意味も見出せないでいた状態でしたので、机に向かうことなくのんびりと構えていました。
暫くすると、同じように現役受験に失敗した同期の友人たちから、合格することができたとの声を聞くようになりました。
二次募集か何かで、幸いにも救ってくれた大学に滑り込むことが出来たのかと思いきや、喜んでいるのは予備校に合格したことに対してでした。
何故、それほどに嬉しいのかを確認してみると、そこに入りさえすれば、来年は間違いなくお目当ての大学に合格することができるからだとのことでした。
そんなに素晴らしい実績を引っさげた予備校があるものだろうかと疑ってかかりましたが、資料を見てみると、浪人生の大半が志望大学に合格していることがわかりました。
また、その友人は、ここへ通学することで、向こう1年間は暇をもてあそぶことなく、勉強に専念することができるとはしゃいでいました。
取り急ぎ何のあてもない自分でしたので、その有名な予備校の受験にトライすることにしました。
出遅れた分だけ、既に募集枠も埋まりつつあって、最後の枠に入り込めるかどうかの瀬戸際のようでした。
それこそ狭き門のように思えました。
現役時代にも、独学で多少なりとも勉強はおこなってきたので、解答を作るにあたっての手応えはありました。
でも、大学受験の実際の出題よりも難しかったです。
何とか合格することが出来ましたが、入学金や授業料は大学ほどではないまでも、結構本格的なシステムになっており、立派な予備校生の誕生という感じでした。
とにかく、現役時代に共にチャレンジしてきた同期とは、引き続き付き合っていたいと考えていたので、まずは一人ぼっちになってしまう寂しさは回避できたというところです。

予備校aps大学受験予備校